人気ブログランキング |

<   2013年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

石膏山の一本棒

b0273973_12352836.jpg

石膏の山に一本の棒…。これを見ていたら、昔、「棒倒し」の遊びがあったな~と思い出しました。
いえ、石膏で遊んでいるわけではありません。こちらはY-chiさんの型の一部分、ややこしい型制作だったので、日曜日のガラス教室で2コマ+α の時間を使って頑張りました!

by a-glassbird | 2013-09-30 12:44 | 制作風景

お知らせ

10月のガラス工芸教室:日曜クラスは教室日が変更となりました。
第2、4日曜日です。
アトリエ グラスバードのホームページ、「10月の教室スケジュール」も合わせてご覧ください。

by a-glassbird | 2013-09-27 08:25 | お知らせ

秋の益子へ

昨日、栃木県益子町のガラスショップ「バラ工房」へ行ってきました。
講師の作品、小物やアクセサリーをちょこっと置いていただいています。

益子は焼き物で有名な町、春と秋の陶器市は多くの観光客で賑わいます。
震災の時とその後、ショップとオーナーさんには大変なことが色々とあったようですが、今は再開されてガラスの魅力を伝えてくださっています。

写真を撮るのをすっかり忘れていました…。
バラ工房さんのホームページはこちらです。春の花々がとてもきれいだそうです。

http://barakoubou1998.jimdo.com/

by a-glassbird | 2013-09-25 22:10 | 講師のひとりごと

丁寧な手仕事

b0273973_147568.jpg

先日ご紹介したモザイク模様のガラスは、蓋物になって完成しました。
この蓋の縁の厚さは4ミリ!繊細な手作業は「職人技ですね~!」と周りの皆さんからの称賛の声をもらっていました。

制作者のCさんはいつもイメージどおりに作品を仕上げています。毎回、段取り良く教室で制作される姿には脱帽です。見習いたいものです…。

作品は教室で展示中です♪

by a-glassbird | 2013-09-22 08:46 | 作品紹介

台風のあとで

b0273973_226425.jpg
大変な台風でしたが、アトリエ近辺は大丈夫でした。

今日の夕方の空をご覧になりましたか?
澄んだ空気の向こうに、美しい色の空と富士山!

とてもきれいで刻々と色を変えていく様は感動的。見たままの自然の色を伝えられないのが残念ですが…。(画像をクリックすると少し大きく見られます)

by a-glassbird | 2013-09-16 22:15 | 講師のひとりごと

育てるガラス

先日のガラス教室で、教室生の方がこんなことを言いました。
「こうやって(リューターでガラスを磨いて)いると、なんか育ててる感がありますよ。」
ガラスを育てる? 初めて聞くそんな感想に一瞬「?」と反応してしまいましたが、続いた言葉は、
「パート・ド・ヴェールって、時間がかかるじゃないですか。作って磨いてる内に愛着がわくっていうか…」
…なるほど、納得!

ガラスの技法は、大きく分けると「成形法」と「加飾法」の二つになります。パート・ド・ヴェール技法は形そのものを作る成形法。電気炉で焼いた後も、さらに磨いて仕上げていく工程は、ガラスに直接触れている時間もそれだけ増えていきます。

自分の手で作った形だから、磨いていると自分の手にどんどん馴染んでいく。少しずつ完成の形が見えてくる。その感触は心地よいものです。確かにガラスを「育てている」のかも。

やわらかな、あたたかい表情のパート・ド・ヴェールの魅力は、そんなところにもあるのかもしれませんね。

by a-glassbird | 2013-09-09 17:45 | 制作風景

ガラスモザイクのような…

b0273973_9564120.jpg

ガラスモザイクは、ガラス片をそのまま用いて組み合わせて作る技法ですが、そんな雰囲気をパート・ド・ヴェールで制作したCさん。このような表現はフュージングでは得意なのですが、パート・ド・ヴェールでは難しいところがあります。
タイルに見えるって!?…まだ型に入っていますが、透明感が違います。

イメージにほぼ沿って焼きあがって、良かったです♪

by a-glassbird | 2013-09-06 10:09 | 制作風景