人気ブログランキング |

頭の体操

「次はこんなガラス、作りたいんですけど…!」と言うKさんのイメージしているものは、講師にもとてもよくわかりました。形は複雑ではないのですが、ガラスにするためにはどうやって作ればよいか…手順を考えると非常に複雑!! 講師も頭をフル回転させて制作のお手伝いをしています。

必要なガラスパーツは準備できたので、これからいよいよ型づくりの始まり。で、石膏を流す前が下の形です。
頭の体操_b0273973_23372924.jpg

Kさん曰く、「ビルの模型みたい。」なのですが、これがガラスの原型というわけではありません。完成したら、ここで見たこの形はどこへ繋がったのか、と思うことでしょう。(かなり複雑なことをやってます。)

ガラスになったら、あらためて披露したいと思います。

# by a-glassbird | 2013-01-09 08:20 | 制作風景

型のかたち

ガラス教室の始まりは5日からでした。
Iさんの制作中の型は今こんな形。
型のかたち_b0273973_937382.jpg

全体の立体感がわかりにくいですが、面白い形です。甲虫みたいなのが山の形にくっついてるみたい…と思っていたら、Iさんは、「帽子みたい」。さらに他の形も連想され…。こうなると、何の形に見えますか?でなんとか占いになってきそうです。

実は、この形がガラスになるわけではありません。これは型の中子(なかご)と呼ばれる部分。しかも作品のパーツの一つなので、講師にも完成形はわかりません。年のはじめから楽しみが大きいです。

# by a-glassbird | 2013-01-07 09:58 | 制作風景

あけましておめでとうございます。

皆さま、良いお正月を過ごされていますでしょうか?

2013年が始まりました。
毎年、1年がはやい!!と思うのですが、1日ずつを充実させて過ごしていきたいですね。(と自分に言い聞かせてます。)

アトリエ グラスバードのガラス教室は、5日土曜日から始まります。
今年も素敵なガラスの作品を作っていきましょう!

さて、巳年、ガラスで干支のオーナメントを作っていたすぬきちさんの作品は、まだ完成ではなかったのですが、写真を撮らせていただいたのでご紹介します。
あけましておめでとうございます。_b0273973_2255483.jpg

素敵な1年になりますように…

# by a-glassbird | 2013-01-01 22:10 | 講師のひとりごと

Merry Christmas!

今夜はクリスマス・イブ。皆さま、楽しいクリスマスをお過ごしください☆
Merry Christmas!_b0273973_011578.jpg

# by a-glassbird | 2012-12-24 09:12 | 講師のひとりごと

来年の干支:その3

ヘビ、焼けました。
電気炉で焼かれて、ガラスの粒は熔けて型の中で固まって、ヘビの形になりました。

来年の干支:その3_b0273973_23511571.jpg


型を割ってガラスのヘビを取り出したところ。まだ石膏が付いているので、色も形もよくわかりませんね…。
来年の干支:その3_b0273973_23532296.jpg

この後、洗って、バリを削ったり磨いたりして仕上げていきます。

# by a-glassbird | 2012-12-23 23:55 | 制作風景

すりガラス、ガラスすり

すりガラス、ガラスすり_b0273973_093476.jpg

ガラスすり、をしています。粉状のガラスを乳鉢でさらに擦っています。

絵付け用の色ガラスの粉は、そのままでも使えるのですが、Eさんの望む色は原色では濃すぎるため、生地となるガラスパウダーと混ぜました。色ガラス粉と生地のガラスパウダーをより同じ状態でなめらかに使うため、こうして地道に擦り混ぜているのです。このひと手間が、仕上がりに微妙に表れてきます。

ところで、この粉末、グリーンに見えますね!? 実は、焼くと濃いブルーのガラスになるのですよ!

# by a-glassbird | 2012-12-20 08:05 | 制作風景

来年の干支:その2

すぬきちさんはガラスの干支、ヘビさんを、ペアで2個制作中。2個目の型にガラスを詰めました。
粘土のヘビは型から全部取り出しました。抜け殻となった型にガラスの粒を詰め終わったところです。何の形になるのか、この状態ではわかりませんね~。
焼きあがりをお楽しみに…。
来年の干支:その2_b0273973_22123141.jpg

# by a-glassbird | 2012-12-16 22:21 | 制作風景

「フィンランド・デザイン」展

「フィンランド・デザイン」展_b0273973_1034365.jpg

昨日、サントリー美術館で開催中のガラスの展覧会「森と湖の国/フィンランド・デザイン」展を見てきました。この時期に見る北欧のガラスは、その土地の空気感も伝えてくれるようです。

フィンランドの大学でガラスを教える友人が、数年前に東京で学生さん達の作品を紹介する展覧会が開かれた時に言っていたことを思い出しました。“国のプロジェクトとして、今はアーティストを育てている、この後の数年はプロダクトに力を入れていく”ということだったような…。

あの時学生さんだった人も今ではフィンランドのガラスの担い手になっているのかもしれません。

展覧会は来年、大阪と北海道に巡回するそうです。


「フィンランド・デザイン」展_b0273973_13203744.jpg

会場内では一部写真撮影OKのエリアがありました。iittalaのBirdsのシリーズで、奥の鳥はグラスエイダー(カモの一種)、縞々の鳥はヒスカリーナ(想像上の鳥)というのだそうです。お気に入りはこの子でした♪
「フィンランド・デザイン」展_b0273973_13475693.jpg

アトリエ グラスバードとしてはガラスの鳥たちは気になるところ…iittalaのBirdsは他にも仲間がたくさんいました。こちらのサイトで詳しく見られます。↓
http://www.scope.ne.jp/iittala/birds_toikka/about/

# by a-glassbird | 2012-12-13 13:04 | 講師のひとりごと

丸形、球形、の型のその後の形

peachさんの二つに分かれていた耐火石膏型は、そのあとの制作工程で合体しました!
丸形、球形、の型のその後の形_b0273973_219499.jpg

1コマでは時間が足りない工程だったので、2コマ続けて制作しました。
ガラスにしたい形はそれほど大きくなくても、型にするとかなり大きく感じます。型だけみると、どんな形をつくっているのかわからないこともしばしば。クラスが違うと、預かっている制作途中の型を見ても、何だかさっぱりわからない…、ガラスになって初めて、こういうガラス作品でしたか!! とわくわくするのも、楽しいものです。

# by a-glassbird | 2012-12-11 08:24 | 制作風景

丸形、球形、の型

peachさんが今取り組んでいるのは、こんな形…
丸形、球形、の型_b0273973_10561732.jpg

まあるい形のガラスを作るための耐火石膏型です。半分に割った状態です。(型を割れるように作らないと、中の原型を取り出せないのです。)
丸があまりにもきれいで、かわいいです。型のふちについている小さな丸(球状のポッチ)は、割った型を組み合わせるときのかみ合わせになっています。きれいに作っていますね!
早くガラスがみたいですね。でも、完成にはまだしばらくかかります…。

# by a-glassbird | 2012-12-10 10:53 | 制作風景